抱っこにおんぶをねだる子供は考え方を斜め45度だけ変えたらちょっとラクになった

子育て三男, 考え方

この記事の所要時間: 151

どうも、嫁くんです。

 

相変わらず三男は毎日何回も泣いております。

ふてくされる三男

毎回毎回この子には手を焼かされます。

ご飯は人の食べてるもの食べようとするし、怒り出すとツバで反撃するし、勝手に転んで、それが頭からだからヒヤヒヤするし…。

特に抱っこにおんぶ攻撃が激しいです。保育園までは絶対にねだられます。

 

「絶対に俺の言うこと聞く!」と思っているようなので

プライドが高いんだろうな〜と思いつつも、男の私でもさすがにそろそろ重い。

 

何となく「もう嫌やコイツ!」とか思ってたんですが、

おんぶしてる時に少し考え方を変えてみました。

スポンサーリンク

抱っこにおんぶできる回数ってあと1000回もなくね?

三男はそろそろ3歳になります。

いくら抱っこにおんぶをやって欲しいと思っていても、大人になるまでずっと抱っこにおんぶされている人はいません。

 

大体5〜6歳、小学校入るまでには卒業している子が多いような……。

 

もし、5歳までに抱っこにおんぶを卒業すると考えると

365日×2年=730日。

 

1日一回抱っこ・おんぶするとしたら

もう1000回もねーじゃん!!

 

そう考えたら、抱っこにおんぶが急に愛おしくなってきました。

子供は変わらない。親が接し方・考え方を変える

子供はあれしなさい、やれしなさいと言ってもなかなか変わりません。

でも、親が接し方・考え方を変えてあげると子供は分かってくれます。

 

抱っこにおんぶもやることが変わらないのであれば、

自分が考え方を変えて接してあげるほうが良いな〜ってちょっと思えました。

 

抱っこにおんぶ、ママさんだと重いので結構大変だと思います。

ここはビシっとパパらしく抱っこにおんぶを買って出てください。

 

パパの抱っこ・おんぶが普通になると

ママさんの負担減りますよ〜。

 

ではでは。

The following two tabs change content below.
嫁のような 旦那

嫁のような 旦那

代表Pasolack
ADHD持ちの4児の父、嫁のような旦那 ソルティーです。妻の大変さを夫の目線から男にも分かるように伝えています。仕事はパソコンレッスンや、Webコンサルティングによるアクセスアップをやらせてもらってます。カラオケや、ゲーム、ネコが好きです。